薬のタイプ

white dog

主にペットの犬が罹患するフィラリア症とは、寄生虫のフィラリアによって引き起こされる症状のことです。フィラリアは蚊を媒体とするため、犬が蚊に刺された際に幼虫が皮膚に侵入し、成虫になったあと血流に乗って心臓と肺動脈に寄生します。駆虫薬や外科手術で治療を行いますが、フィラリアの治療はリスクが高く、完全に寄生虫を駆除するために時間がかかります。そのため、あらかじめ蚊の繁殖する時期に、予防を行っておくのが肝要です。フィラリア予防薬は、フードに混ぜられるチュアブルタイプや、皮膚に垂らすだけのスポットオンタイプなどが用意されています。ほとんどの予防薬が1回の服用または使用で、1カ月効果が持続するので手間がかかりません。

近年ではペットを室内飼育する家庭が増えつつあります。しかし、屋外へ散歩に行ったり家屋に蚊が侵入した際に、フィラリアに寄生される可能性はゼロではありません。フィラリア症になると、心臓に負担がかかり咳や息切れが現れ、次第に肝臓や腎臓など他の臓器にまで影響を及ぼします。黄疸や呼吸困難を生じ、急激に症状が悪化する急性フィラリア症になってしまうと、早期に獣医師の診察を受けなければ死に至ります。フィラリア予防薬は今後も需要に応じて、効果が高く持続性に優れた製品が出現することが予想できます。また、現在では動物病院での処方が主ですが、個人輸入で購入する人も増えていることから、さらに安全性が高まれば、より手間を省いた購入方法が主流となる可能性もあります。