安全性を考える

black cat

フィラリア予防薬とは、蚊を媒介とする寄生虫が体内に侵入することで生じる、フィラリア症を予防するための薬です。フィラリアは細長い寄生虫で、幼虫のまま皮膚や筋肉に入り込み、成虫になってから心臓と肺動脈に移動します。成長したフィラリアは、次第に他の臓器まで侵入して全身症状へと発展します。重症化すると死に至るケースも珍しくありません。そのため、蚊の発生する時期に合わせ、フィラリア予防薬を投与することは非常に大切です。まれですが、フィラリア予防薬を使用することで、ペットの体質によって副作用が生じたり、体調が悪化してしまうことがあります。これからは高い効果はそのままに、より安全で持続性に優れる予防薬の出現が予想されます。

フィラリア予防薬の形状は様々で、錠剤やタブレットタイプから、砕いてフードに混ぜることができるチュアブルタイプ、皮膚に薬液を垂らして吸収させるスポットオンタイプなどが存在します。ストレスなく与えられるのはチュアブルタイプとスポットオンタイプで、どちらも十分な効果を得られます。フィラリア予防薬は一回の投与で一カ月間効果が持続するので、春から秋にかけて一カ月ごとに与えましょう。口から与える錠剤やチュアブルタイプの場合、一度ペットが口にしたように見えても、飼い主のいない所で吐き出してしまっている可能性があります。吐き出してしまうと予防効果を得られないので、きちんと食べることができたか、しばらくはペットの様子を見守ってあげると確実です。